2018.09.21 Friday 22:58

大雨、猛暑、地震、巨大台風 

この夏、随分ありましたが、植物にとっても大変な季節でした。暑さにやられ、雨で根腐れになり、防風でへし折られ・・・何とも寂しい秋ですが、それでも咲き始めたものもちらほら。

食べて良し、見て良しのニラの花です。今年は妙にかわいく見えます。

 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング


2018.09.17 Monday 18:39

樹木希林さん

 

樹木希林さんの死生観。

 

「生きるのも日常、死んでいくのも日常」

死は特別なものとして捉えられているが、死というのは悪いことではない。

そういったことを伝えていくのもひとつの役目なのかなと思いました。

 

最後まで本当にらしいコメントですね・・・

 

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

 


2018.09.16 Sunday 19:54

かわいいのか?きもいのか?

個人的には昔から好きでした。なんたってそもそも名前が ”家守” ですし。家に侵入してくる昆虫類をせっせと食べてくれます。

*2000年にカリフォルニア大のFullらにより、それぞれの足の裏にある約50万本もの ”剛毛!” が壁面の分子との間にファンデルワールス力を発生させることで接着していることが証明された。ウィキペディアより

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング


2018.09.15 Saturday 11:57

パン小麦:それは神聖な物

 

 

heepee: 温暖化、遺伝子組み換え、AI技術そして欧米にとっては神聖な小麦(日本人にしてみれば米の様な存在)最近注目の話題 をほとんど含んだこのトピック。個人的には ”モンサントとの共同開発をやめた” というところで少し希望を持っていますが今後どうなるのでしょうか・・・

 

 

 

目前に迫った小麦ゲノムの全解読、これで食糧問題は解決できるのか?

ヒトより5倍も多く遺伝子をもつ小麦のゲノムを、国際研究チームが13年がかりで94パーセントも解読した。これによって気候変動や病害に強い新品種を、遺伝子編集によって開発しやすくなる。人工知能の活用などで解析が加速すれば、地球の人口増に伴う食糧問題が解決する日が近づくかもしれない。

TEXT BY MEGAN MOLTENI
TRANSLATION BY TOMOYUKI MATOBA/GALILEO

 

 

****

 

 

 

次なる問題は、どうやって改良するかだ。とうもろこしや大豆、菜種とは異なり、これまで遺伝子組み換え小麦が商品化されたことはない。アンダーソンは以前、モンサントと共同で除草剤ラウンドアップに耐性をもつ小麦の開発に取り組んでいた。だが同社は、04年に協力関係を解消した。

「(開発の断念は)主に文化的・商業的理由です」と、アンダーソンは言う。「当時、世界はまだ(遺伝子組み換え小麦に対して)準備ができていませんでした。それはおそらく、いまも同じです」。これまでの米国産小麦の主要な輸出先である欧州と日本は、遺伝子組み換え作物への警戒感が最も強い市場でもある。

ミネソタ大学の植物学者で、遺伝子編集農業企業Calyxtの共同創業者も務めるダン・ヴォイタスは、「パンは食事の中心です。一般大衆の認識では、ある意味で神聖なものなのです」と語る。

Calyxtは、最初の遺伝子編集製品を市場に流通させようと競い合うたくさんのスタートアップのひとつだ。アンダーソンの実験区画からほんの数マイルのところにある外界から隔離された温室で、繊維含有率の高い新品種の小麦を栽培している。

 

 

全文: https://wired.jp/2018/09/12/scientists-finally-map-the-massive-wheat-genome/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:食!


2018.09.14 Friday 20:45

ちょっと変な画像

 

 

一見すると、普通の交差点ですが、よく見ると明らかに変です・・・・

 

 

 

 

 

信号機、作動してません! と言いますか、街灯も・・・・

 


2018.09.11 Tuesday 19:54

千と千尋ちっくな

トンネルをくぐった、とある場所にある とあるお社です。

 

 


2018.09.11 Tuesday 19:41

ちょっと変な画像

一見すると、普通の交差点ですが、よく見ると明らかに変です・・・・

 

 


2018.09.09 Sunday 08:32

復旧作業

台風後の雨のため、被害を受けた地域に対しての必要な作業が思うように進展しない状態が続いています。2次災害の危険性も高い中での作業は困難を極めるものだと思われます。これ以上の被害拡大が起こらず、一刻も早い救出作業の進展を祈らずにはいられません。

 

人命にかかわることでは無く、また規模も違いますが、地元でも天候不順と人手不足の状況は似たようなもので、修理を頼もうにも来てもらえず放置せざる得ない状況が続いています。 家も例外ではなく、屋根の一部が飛び、雨漏りも台風特有の横風が吹くと激しく漏れる状態です。大きな破損部の応急処置は出来ましたが、次の台風にはあまり役に立ちそうにもありません。また庭の大きな木が傾いて2階部分によりかかっている状態で、ここ数日手作業で部分的に切ってはいますが、高所での作業は素人には難しく、なかなか進みません(枝の直径が10cm以上になると片手で切るのはかなり困難)雨が降っていると木肌が滑るために作業そのものが出来ません。そして今日も土砂降りです。  と言いつつも、怪我もなく当然命には全く別状はありません。やれることをやるしかありません。 

 

そう言えば昔、”台風にロケットを打ちこんで消滅させる!” みたいな映画か何かを見たような気がします。現実的にはやはり無理なのでしょうね・・・・

 

 

完全に傾いて家に寄りかかっています・・
木が揺れたため根元の壁が崩れてしまいました・・・・凄い力です。

2018.09.05 Wednesday 16:33

取りあえず少しほっとします。

 

現在台風は発生していないようです。

 

多くの方々が影響を受けました。復旧作業がスムーズに行われ、少しでも負担が軽減されますように。


2018.09.04 Tuesday 11:03

台風21号 『チェービー(Jebi)』

 

台風が近づいてきました。被害が最低限ですみますように。

強風のお蔭で大阪でも空気がやたらきれいに。文字通り嵐の前の静けさでした。
因みに台風21号の名前は、『チェービー(Jebi)』で韓国語で燕と言う意味らしいです。

 

 


<<new | 1 / 44pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.