2019.10.18 Friday 22:08

昨年の経験を生かして早めの剪定

まず、令和元年台風第19号に伴う災害により、被害にあわれた地域の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。現状が少しでも改善されるますよう願っています。
                   
              ****

庭には大きなドングリの木があるのですが、去年、台風の強風をまともに受けてしまい、倒木一歩手前まで揺れに揺れて肝を冷やしました。

 

  (http://heepee.ibox.main.jp/?page=1&month=201809 )  

今回は台風が来る前日までに半分程度の枝を落としておきました。結局関西方面の風の勢いは大したことはなかったわけですが、今後は毎年このように剪定をしなければならないでしょうね・・・。 

それにしても、木に登っての作業は何度やっても怖いです。

JUGEMテーマ:ガーデニング

2019.10.17 Thursday 11:27

武田八幡宮続き

 

               ***

神社周辺の森は保護されているため、小雨で湿った空気に森の香りが染みわたって伝わる感覚は何とも心地よいものがあります。舞殿で行われる踊りは視覚的には森の優しい緑を背景に取り込み、感覚的には5感で得られる豊かな自然の気配をうまく取り込めめるような作りであるために何とも様になります。(そもそも比較するべきものでは無いとは思いますが・・)歌舞伎のようにすべてが室内で行われ計算、そして洗練されつくした環境でのステージは当然素晴らしいのですが、普段から山をうろついている為なのか、周辺の自然と一体となって執り行われる村の方々による厳かな舞に、自分のコアな部分から自然に湧いてくる今までになかった”しっくり感?”を覚えました(^^)
***
神楽の前に頂いた、つきたてのおもちが実は決め手だったとかいう話も…(;^_^A

2019.10.16 Wednesday 15:45

武田八幡宮

武田八幡宮:

創建822年、甲州武田氏の発祥の地と知られる神社。

 

新羅三郎義光の曾孫信義が社前で元服し、武田氏を名乗り甲斐武田が発祥したと伝わる。

武田家の氏神として崇敬を集め、信玄が父である信虎を追放し家督を継いだ後に再建した三間社流造桧皮葺(ひわだぶき)本殿は現在も残っていおり、国の重要文化財に。勝頼夫人が新府城落城寸前に、戦勝と武田家の繁栄を祈願し、切々たる願文を奉納したことで名高い。本殿の他にも、二の鳥居(1701年)、重厚な総門、舞殿等もあり、なかなか見ごたえありでした。

偶然にも秋の豊作と収獲を感謝する八幡宮の例大祭の日に訪問したために、歴史ある祭りを見学することができました。中でも舞殿で行われた神楽は素朴な踊りの中にも華やかさがあり(衣装は色とりどりでとても素敵でした) 、大変良いものを拝見させていただけたと思います。
//
@@


2019.10.12 Saturday 09:36

今年最大級台風&カナダの友達

昨年は地元でも大雨、猛暑、そして地震と色々ありましたが、一番の被害をもたらしたのが台風でした。暑い最中停電も発生し、短時間でも街としての機能が電気無には全く成り立たない現状を改めて認識しました。今回は関東、東海方面に上陸する予定の様ですが、大きな混乱と被害をもたらさない事、心から願うばかりです。

 

             ***

今週はカナダの友達とその家族が旅の最後、大阪立ち寄ってくれていました。幸い夕方の関空発の便で帰国したため、台風の影響はなく、無事に帰国できたようです。多くの海外旅行者の方々も見知らぬ土地で大きな影響を受ける可能性が高いグループ。自分もたまたまその場に居合わせた地元の人にとても親切にされた経験が幾度かあり、その一つ一つが今でも記憶にしっかり残っています。言葉の壁はあるかもしれませんが、明らかに…という状況であればなるべく声をかける様にしています。


2019.10.07 Monday 23:40

眺めのあるカフェ

 

 

先日とあるコーヒー店の店長から薦めていただきました ほんたき・山のカフェ。なかなか手強い登りが続く場所ですが、店の前にはバイクラックが設置してあり、チャリンコ乗りには嬉しい配慮もありです。

正面の山々には雨雲がかかり、そこそこの雨を降らせている様子。湿った空気が森の香りをゆっくり運んでくる感じにはとっても癒されます。混んでいない平日にまた来ようと思います。

 

JUGEMテーマ:カフェ・喫茶店


2019.10.06 Sunday 23:03

伊丹空港滑走路

飛行機マニアなら必ず来る場所が地元にあります。

伊丹空港滑走路南端。着陸直前の姿が真下で観察できるなかなかのスポットで、マニアでなくてもちょっと行きたくなる場所。まるで頭上に落ちてくるかのような距離感、そして風の方向によっては焼けたタイヤの匂いまでしてくるおまけつきスポッットは他ではなかなかないかも。ジョギングの途中、久しぶりにラン仲間と立ち寄りました。(^^) 

 

 


2019.10.05 Saturday 14:45

9月の花:チェリーセージ(サルビアの仲間)

食用のコモンセージなどと違い、同じセージ類でもこちらは鑑賞用。しかし育てやすくほぼ常緑なので緑が少なくなる冬に重宝します。9月に入ると徐々に咲きだし、全体的に良い匂いがします。

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

 

 

*アメリカ南部からメキシコにかけて分布する品種。草丈は50〜150cmほど。鮮やかな赤色の花をつけることが名前の由来。葉は甘いフルーツのような香りがありで、ハーブティーやポプリにも利用されます。

 

 


2019.10.04 Friday 10:21

9月の花:百日紅

 

9月上旬。夏の暑い空気が残る真蒼な空をバックに白い百日紅がなかなか綺麗です。中旬以降で言えばキンモクセイもあるのですが、その強烈な匂いのわりには、1回の小雨でもピークの美しさを失うデリケートな面もあってなかなか写せていません(;^_^A

 

 

 

剪定しないとひょろひょろ上に伸びてしまい、上部にしか咲かない花を下手をすると見ることが出来ないのですが、その名前負けしない木肌と放任した場合の枝ぶりはなかなか面白く、何かと気になる存在です。


2019.10.03 Thursday 10:53

9月花:ミニバラ

 

薬を一切使わないので、我が家の環境はバラ達にとってかなり厳しいものです。 葉が出揃った思えば大抵その数週間後には虫たちに裸にされてしまいます。 自然消滅していく中でもいくつかは辛うじて残っています。 友人にもらった枝から育てたこのミニバラ。毎年食いつくされても必ず小さな花を咲かせてくれる(見かけとは裏腹な)しぶとさが備わっています。

 

JUGEMテーマ:ガーデニング


2019.10.03 Thursday 10:32

9月の花:ニラ

普段のルックスはそれほど好みでは無いのですが(ごめんなさい)、食用として年中ほぼ食べれる(世話もほぼゼロ)とてもありがたい存在。が、この時期花はなかなか可愛く一気に目立ちます。この後、種をたっぷり製造してどんどん増殖していきます。

 

 


<<new | 1 / 56pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.