2018.06.02 Saturday 20:44

あ、怪しい・・・

 

 

こ、この雰囲気。名前負けしてません・・・・

京都5条大和大路近辺。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:カフェ・喫茶店


2018.05.05 Saturday 22:01

Scio’scio’ショーショーのジェラート

海を眺めながらのひと時。景色がジェラートによく合います。(^^)

 

ヤギの濃厚なミルク&チョコチップを使ったカッサータ、そしてさっぱりしたマンダリンオレンジソルベの組み合わせでした。そして何よりも店員さんのぴか一の対応が最高のトッピングでした!

 

 

 

赤穂

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:カフェ・喫茶店


2018.02.14 Wednesday 20:38

三国のとある食堂

先日の仕事帰り。

チャリンコで帰宅中、あまりにお腹がすいて、ふらっと入った三国の大衆食堂。

チキン南蛮定食を頼むと女将さんが、”ご飯大盛り?” と尋ねてきたので迷わず ”ハイ!”

そして出てきたご飯。漫画に出てきそうでした・・・・

 

 

 

えっ、完食できるのか?!と少々焦りましたが、卑しさ全開で食べてしまいました。

因みに・・・味よし、値段良し、愛想良し、そして量も・・・

寒い夜、ほくほくになって再び帰路に着きました。(^^)

 

南蛮食堂 (東三国駅)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:食!


2018.02.09 Friday 15:04

男前なカフェ

と言いますか、まるで誰かの家のリビングにでもいるようなこの雰囲気・・・

先日男子二人でベビーシッターやってました。(友人の奥様はご近所で落語をENJOY中)

 

 

 

 

アート系の本を中心にマニアックなものが相当ありました。

家具、ステレオに興味ある方にもオススメ。

 

銭屋本舗本館カフェ

 

JUGEMテーマ:カフェ・喫茶店


2018.01.19 Friday 22:23

それぞれに個性あり

同じお店に立ち寄る理由は様々。

 

当たり前ですが・・・・食べ物がおいしかったり、居心地がよかったり。インテリアが好きだったり、店員さんのサービスが抜群だったりなどなど。 高槻で仕事があった際、ほぼ毎回立ち寄るコーヒーショップがあります。

 

とってもリーズナブルで居心地も良く、メインではない筈の食べ物にもしっかり工夫があって、ついついオーダーしたくなります。肝心なコーヒーですが、自家焙煎&ブレンドは勿論、布製のフィルターを使っていて、他とはまた違う味を提供してくれます。と、ここまでは他でもあると思うのですが、それプラス、店員さんの絶妙なサービスがあると思います。やはり最終的にはと言いますか、一番の決め手はやっぱり人かもしれませんねぇ・・・いつもありがとうございます。

 

パンケーキの上に生ハムのサラダ。 美味しいです!

 

 

 

ハートコーヒー高槻店 名前に全く負けていません。(^^)

 

 

 

 

JUGEMテーマ:カフェ・喫茶店


2018.01.11 Thursday 10:32

そのカフェの内装

 

和物も多い中、モーリスの”イチゴ泥棒”が張ってあったりと独特の雰囲気。内装はスタッフの方々の手作りだとか。この個性、なるほど納得。時折聞こえる電車の通過音が不思議に心地よかったり・・・60年代のカウチに座ればほどよいのめり込み具合と間接照明の落ち着き感ががもうなんとも・・立ち上がるのが困難に。寝ちゃいそうです。

 

向かいにも同系列のカフェがあるのですが、そちらはいわゆる洋風。個人的にはこちらのごちゃまぜ感が好きです。

 

 

 

 

 

 

 

カフェ太陽の塔

 

JUGEMテーマ:食!

JUGEMテーマ:カフェ・喫茶店

 


2017.11.18 Saturday 10:28

トン吉のハロウィンコスチューム

多くの男子にとってトンカツ=永遠の定番だとは思いますが、皆さんきっとそれぞれ好みのお店があることでしょう。

 

個人的にはこのお店のトン汁と特上ロースカツにガッツリ胃袋を掴まれています。ご近所ではないけれど年に数回は訪れたい場所。

今週久しぶりにいただきましたが、やっぱり上手い。(^^)

 

それにしてもこのコスチューム、ハロウィンはとっくに過ぎていますが、全くお構いなし。ものすごいオーラを放っていました・・・呪いをかけられそう・・・・

 

シュールです。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:食!


2017.11.04 Saturday 13:45

栗の皮剥き

頂いた栗の皮をひたすら剥く。

 

その後、何度も茹でて灰汁抜きをするわけですが、こんなに時間と手間がかかるんですね。

マロングラッセの価格がものすごくリーズナブルに見てきました・・・・

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:食!


2017.10.11 Wednesday 12:13

生産者の顔が見える食品

 

先月のお話ですが・・・・

 

安全安心な食を確保するために情報武装をするわけですが、どこかの某大手製鉄会社の様に資料や数値の手直しなんて簡単にできてしまうこのご時世。NET上に溢れる多くの数値の一体どれを本当に信用していいのか。素材の生産、そして製造加工の両方に携わる人達の”仕事ぶり”と”そのこだわり”を直接見聞きできれば勿論最高なのですが、現実的にはとても難しいお話です。

 

しかし、このライムギパンに関しては少々事情が違いました。

”早瀬野菜研究所” が手作業で大切に育てた麦を ”パン工房のら” が丁寧に焼き上げる三田市ならではのコラボ。畑から始まる生産工程のほとんどを見聞きすることが出来ました。

 

 

重く硬いドイツのライムギパンは勿論絶品ですが、日本人の繊細さが程よく加わったこの一品はその微妙な塩加減と硬さで他ではなかなか味わえない ”ならでは” の奥深さがあると思います。食べる手を止めれることが本当に出来ず、一気に完食してしまいました。(;^_^A  幸せです。

 

 

 

どっしりヘビーな典型的ライムギより少し軽めでふわっとしあがっていますが、噛むとしっかりとした歯ごたえが表面の皮と空気の部分を過ぎるともちッとした感触と共にしっかり伝わってきます。噛めば噛むほど味が染み出てくる感じと言いますか。(書いてるだけ涎が・・・)ライムギパン独特の様々な味が同時に舌に来る感覚は病みつきになります。 内側のやや軟らかい甘みと微妙な塩味に混じってライムギ本来の優しい味が来たかと思うと外側の少し乾燥した皮のラフな触感とほど良い苦みがしっかり最後まで残って、内側の味とミックスされて・・・顔がほころぶ感覚をばっちり味わえます。 マジで美味しい。

 

苦労して育てた麦がこうして最終的に素敵なライムギパンとして焼きあがっている工程を直に見ただけに感慨深いものがありました・・・やっぱり植物を育てるそして加工して頂く。究極の楽しみですね。 ごちそうさまでした!

 


2017.10.05 Thursday 15:18

大阪に負けてへん

 

日本橋と言うとなんとなく”高い”と言うイメージがあるのですが・・・・

神田に向かってちょこっと歩くと味、量、値段にうるさい関西人も納得のお店がありました。しかも雰囲気まで良いとくれば・・・・

前菜、メイン、デザート、コーヒーで1000円。そして路地裏なので外でも食べれます。大満足ランチ、名前に負けてません。

 

当然ランチはこみこみですが、なんとなく混んでる方が雰囲気が良いのと言うのもこういう路地裏のお店ならではないかなぁと。いやはや、とっても満足でした。流石案内役のMさん。ありがとうございました(^^)JUGEMテーマ:食!

 

 

 

 

あえて前菜だけUP。メインは期待通りでした(^^)


<<new | 1 / 3pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.